読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hairbagus(バグース)のブログ✂東京・表参道・南青山バーデンス正規取扱いサロン

表参道・南青山の安心、安全に拘ったプライベートサロンヘアーバグース。badens(バーデンス)正規取扱いサロン東京

弾丸帰省

21日22日の連休。

わたくし、N巻は実家の新潟県柏崎に帰省しましたDASH!

20日の夜行バスで帰り、21日の朝4時に柏崎着。

バスから降りると、懐かしい花の香りが。小さい頃から学生時代に嗅いだことのある、なんとも心を穏やかにしてくれる優しい香り。

母のお迎え、用意してくれた布団でひと眠り。この日、世間では金環日食でにぎわっていたにもかかわらず、新潟は観れないので寝てしまいましたあせる聞けば、部分日食は観れたのかも。柏崎はどうだったんだろう汗

なが~いなが~いお話になりますあせるあせるあせるあっという間のみっちり2日間。

おばあちゃんは介護施設に入っていて、そこはのどかな時間ののどかな暮らし。顔を見に顔を見せに会いに行きました

photo:07

「まいこ」って。ちゃんと言ってくれました。1本300円のカーネーションを母があげたみたいで2週間前の母の日の花が飾られてました。

おばあちゃんは紫が好きで、母が用意してあげた紫のカーネーションは、ちょっとお高めで。

母が「カーネーションの値段は?」と問うと笑いながら300円と答えるおばあちゃんが何とも微笑ましく、身体は寝たきりだけど笑えるのっていいな~とかんじました。

この日は、父もお休みで家族4人で映画アップ

photo:01

長岡を舞台にした大林宣彦監督の「この空の花」

http://www.locanavi.jp/konosora/about/top.html

長岡の花火、私は見たことがない。

この映画を観て、今がどんなに幸せか

今が、どんなにわがままか

この頃の、私のおじいちゃんの若い頃がどんなに大変だったか。

想像しただけで泣けてきました。

人間の尊重なんてなく、ただ、受け入れたくもない現実をみなくてはいけない状況。

人の理性なんて崩れおちる。

お国のために命を捧げる男性。小さな子供を命がけで守る母。

これが日本だったのか。

いまの平成は、政治家から甘すぎる。

考えさせられる映画を家族で観れたこと、ジュラシックパーク以来の家族で映画。よかった。

大事な人と花火をみたい。

photo:02

気持ち募金をした。

photo:03

夕飯のへぎそば(つなぎに布海苔という海藻が入っています)

photo:04

photo:05

栃尾の油揚げ(中にネギが入っている分厚い揚げ)

満腹、新潟堪能。

photo:06

大林宣彦監督も来店してた。

次の日。

photo:08

母、カット。

photo:09

母の畑見学。

photo:10

photo:11

photo:12

photo:13

photo:14

すごい。

そして、お茶目。

photo:15

photo:16

夜は次の日の23日が59歳の父の誕生日ということもありお寿司屋さんへ

photo:17

おめでとう!お父さん

わがまま娘、頑張ります。

と胸に誓い、夜行バスで東京へ。

あっという間の帰省。

父、母、元気が1番です

竹の子ごはん、美味しかった

photo:18

やはり、外食より、母ごはん。

iPhoneからの投稿